一生余生/じぇんじぇん日記

私の個人的な日記です。友人・知人に無事に生きていることをお知らせする目的もありますが、基本的に自分が後で読むために書いています。そのため、たとえ親しい人でも、読んでも意味はないと思います。

2月13日(木)

午後は晴れて気持ちがよい。洗濯をする。

夜、中野マルイの裏(レンガ坂のそば)にある桃園稲荷神社の通りが行灯でライトアップされていたので見る。初午祭の行灯祭だよ。行灯には味のある絵が描いてあって、楽しいよ。絵はダジャレらしいけど、元ネタが袴垂保輔とか曽我十郎祐成、宮城野信夫、義経八艘飛びとか、古くてわからなすぎるのもいいね。(2月13日から17日まで)

f:id:rx78jenjen:20200214002108j:plain

f:id:rx78jenjen:20200214002119j:plain

f:id:rx78jenjen:20200214002128j:plain

「そば十ろうすきなり」は、曽我十郎祐成(すけなり)

f:id:rx78jenjen:20200214002141j:plain

「みやげのしのぶ」は、宮城野信夫(みやぎのしのぶ)

f:id:rx78jenjen:20200214002428j:plain

「はかまたれやすまけ」は、袴垂保輔(はかまたれやすすけ)

f:id:rx78jenjen:20200214002528j:plain

「おきつね八寸とび」は、「義経八艘飛び」

f:id:rx78jenjen:20200214003042j:plain

戦前からの祭りらしいから、ダジャレのネタもなかなか昔だね。他にもいろいろとあって、楽しいよ。