一生余生/じぇんじぇん日記

私の個人的な日記です。友人・知人に無事に生きていることをお知らせする目的もありますが、基本的に自分が後で読むために書いています。そのため、たとえ親しい人でも、読んでも意味はないと思います。

2月16日(火)

午後、銀座のギャラリーなつかで、フジタユウコさんと山口健児さんの展示「次第に輪郭は現れ」を観たよ。フジタユウコさんは友人の版画家で、フリペ「愛情通信」を通じて知り合ったよ。(展示は2月27日まで)
次第に輪郭は現れ | ギャラリーなつか:GALLERY NATSUKA

f:id:rx78jenjen:20210216203912j:plain


その後、日比谷図書文化館で特別展「複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~」を観たよ。
特別展複製芸術家 小村雪岱 ~装幀と挿絵に見る二つの精華~ | 特別展 | ミュージアム | 日比谷図書文化館

f:id:rx78jenjen:20210216204245j:plain

泉鏡花の装幀本をはじめ大仏二郎、岡本綺堂子母澤寛などの装幀本や邦枝完二などの新聞や雑誌の連載の挿絵などなど、いろいろと良かったよ。(3月23日まで)

鏡花本の装幀。

f:id:rx78jenjen:20210216204307j:plain

岡本綺堂の本の装幀。

f:id:rx78jenjen:20210216204339j:plain

邦枝完二の本の装幀。

f:id:rx78jenjen:20210216204646j:plain





2月15日(土)

夜、中野マルイの裏(レンガ坂のそば)にある桃園稲荷神社の通りが行灯でライトアップされているよ。毎年恒例の初午祭の行灯祭だよ。2021年の初午は2月3日で、この神社では二の午(2021年は2月15日)に初午祭をするようだね。しばらくの間は展示されているよ。

f:id:rx78jenjen:20210216104822j:plain

f:id:rx78jenjen:20210216104831j:plain

初午祭の解説。

f:id:rx78jenjen:20200214002128j:plain


地口行灯の解説。

f:id:rx78jenjen:20210216203419j:plain


行灯には味のある絵が描いてあって、楽しいよ。絵はダジャレらしいけど、元ネタが袴垂保輔とか曽我十郎祐成、宮城野信夫、義経八艘飛びとか、古くてわからなすぎるのもいいね。

曽我十郎祐成

f:id:rx78jenjen:20200214002141j:plain


宮城野信夫

f:id:rx78jenjen:20200214002428j:plain

袴垂保輔

f:id:rx78jenjen:20200214002528j:plain

義経八双飛び

f:id:rx78jenjen:20200214003042j:plain

解説が見当たらず。

f:id:rx78jenjen:20190215011243j:plain

 

2月9日(火)

午前2時頃に右足の親指の付け根が痛くて目が覚める。「これがウワサの痛風じゃね?」と思っていたら、1時間くらいしたら鈍痛になったので、ようやく寝られた。

マジの痛風発作が起きたら、歩けなくなるはずなので、午前中にかかりつけの内科医院に行く。

採血をしようとするが、3回失敗して、4回目にようやく採血できた。昔から採血は必ず失敗されるので、慣れているが、3回失敗したのは初めてだ。お医者先生はベテランなのだが、「血管が細いのではなくて、注射針を刺すと血管が逃げる」と言っていた。「血管が逃げる」ってなんかカッコいいな。…痛いけど。4回も注射針を刺されたので、子どもだったら泣いているだろう。大人だから泣かないけど。

とりあえず、鎮痛剤と痛風の予防薬をもらう。

酒は好きではないので付き合いで飲むだけだ。だから、1年は酒を飲んでいないし、そもそもプリン体を多く含むモノは食べてはいない。魚卵やウニは大嫌いだから食べた覚えがない。内臓(モツ)も嫌いだったりする。野菜は大好きだから、食べている。運動もしている。昨年末の定期健診では尿酸値は7.0を切っていたし、どうやら、何をしても痛風になる体質のようだ。イヤだな〜。

ただ、冬でオシッコが近くなるから、水をあまり飲んでいないので、それかもしれない。そういうわけで、水とか白湯を飲もう。あと尿酸値を下げるヨーグルトPA-3を買って飲むことにしよう。

午後、原宿の太田記念美術館で、「笠松紫浪〜最後の新版画」展を観る。客が10人くらいしかいなかったから、寂しいけど、安心だね。図録を買ったよ。
没後30年記念 笠松紫浪 ―最後の新版画 | 太田記念美術館
前期展示:2月25日まで/後期展示:3月2日〜28日まで(前後期で全展示替え)

f:id:rx78jenjen:20210209230407j:plain

f:id:rx78jenjen:20210209230558j:plain






1月14日(木)

晴れていて暖かい。3月頃の陽気だそうだ。

晴れて暖かいので、オレのお気に入りの愛宕神社に行く。

f:id:rx78jenjen:20210115010027j:plain

出世の石段である。

f:id:rx78jenjen:20210115010044j:plain

丹塗りの門と社殿。

f:id:rx78jenjen:20210115010258j:plain


弁財天。芸術や財産の神様ということで、いろいろとなんとかなりますように。

f:id:rx78jenjen:20210115010434j:plain

池と鳥居。

f:id:rx78jenjen:20210115010538j:plain

あと、太郎坊社(猿田彦神(天狗様))や福寿稲荷社、大黒天社もあって、いろいろとお参りできるよ。この三社はずっと工事中だったから、久しぶりにお参りできたよ。

勝海舟西郷隆盛の会談で有名だし、愛宕山は江戸時代からの名所で浮世絵にも描かれているので、なかなか良い場所なのである。階段は急だけど、ゆるい坂もあるよ。

茶店は新型コロナの影響で、1月は土日祝日しか開いていないようだ。去年の正月にはうどんと甘酒、夏には御膳とかき氷を食べたので、今回はお休みらしく残念。





1月13日(水)

午前、原宿の太田記念美術館で「和装男子〜江戸の粋と色気」を観たよ。江戸時代の男性のファッションに焦点をあてた浮世絵の展示会だよ。客は数人しかいなかったので、ゆっくりできるよ。図録を買ったよ。(1月28日まで)
太田記念美術館/和装男子ー江戸の粋と色気

ちなみにポスターの男性の服装はおしゃれ上級者らしいよ。「頭につきさしているモノは何だろう?」と思っていたら、亀戸天神内妙義社の雷除けのお守りで、お参りの帰りみたいだね。
f:id:rx78jenjen:20210113203224j:plain

f:id:rx78jenjen:20210113203759j:plain

その後、近くの明治神宮に行って、お参りをしたよ。平日だし、さすがにすいていたよ。

f:id:rx78jenjen:20210113203854j:plain


清正井に行ったら、誰もいなくて、小鳥が寄ってきて、すぐそばで水を飲んでいたよ。吉兆ということにしよう。(2年くらい前の夏にも寄ってきた小鳥と一緒の種類だけど、同じ鳥かな)小鳥は井戸の反対側にいるよ。

f:id:rx78jenjen:20210113204042j:plain
かわいい。3分くらいウロウロしていたよ。

f:id:rx78jenjen:20210113204130j:plain




1月4日(月)

午後、本屋でジャンプ・コミックスの「呪術廻戦」14巻と「チェンソーマン」10巻を買ってきて、読んだよ。「鬼滅の刃」の最終巻の時もそうだったけど、漫画の単行本を「発売日だ」と思って買いにいく感覚って、なんか懐かしいね…。その昔、ネットが無い時代には、本屋に貼ってあった漫画の新刊の発売予定日の表をよく見ていたな〜。

f:id:rx78jenjen:20210104202833j:plain