一生余生/じぇんじぇん日記

私の個人的な日記です。友人・知人に無事に生きていることをお知らせする目的もありますが、基本的に自分が後で読むために書いています。そのため、たとえ親しい人でも、読んでも意味はないと思います。

4月19日(金)

午後、新宿ピカデリーで映画「シャザム!」を観たよ。面白かった〜。いろいろと楽しかったよ。



入場口にあったでかいポスター。f:id:rx78jenjen:20190419231934j:plain


チケット売り場とポップコーン売り場の間くらいにシャザムの人形がポツンとあった。適当に撮ったら、なんか薄暗くなってしまった。

f:id:rx78jenjen:20190419232031j:plain


夜、池袋に行って久しぶりの友人たちと会って、羊肉専門店でラム肉料理を食べて、それから喫茶店でコーヒーを飲んで、ダベる。

 

 

4月18日(木)

午前、銀座に行く。松屋銀座8階で昨日から始まった展覧会「誕生80周年:トムとジェリー展/カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」を観たよ。公開2日目で、平日だったのからか、そんなに混んでいなかった。GWはすごいことになるかも…。5月6日まで。

誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ - 展覧会&ギャラリー | 松屋銀座

f:id:rx78jenjen:20190419020814j:plain

昔の「トムとジェリー」のセル画、原画、設定資料などがあるよ。それにしても、懐かしいね。

f:id:rx78jenjen:20190419020840j:plain

ひどい目にあっているトムなど、写真撮影のできるところがあるよ。あと、グッズの販売コーナーが熱いよ。

階段でひどい目にあうトム。

f:id:rx78jenjen:20190419020939j:plain

フライパンで殴られて変形したトム。

f:id:rx78jenjen:20190419021015j:plain


殴られて、顔がめり込むトム。

f:id:rx78jenjen:20190419021056j:plain

無理矢理に穴に入って変形したトム。あるあるだよね。

f:id:rx78jenjen:20190419021200j:plain


写真撮影ができるコーナーには、ジェリーは無くて、ひどい目にあうトムがメインだった。

学生時代、オレの本棚のカーテンがトムとジェリーだった。あと、勉強する時の椅子の座布団もトムとジェリーだったなあ。懐かしい…。






4月15日(月)

午前、TOHOシネマズ新宿でホラー映画「ハロウィン」を観たよ。
1978年のジョン・カーペンター監督の「ハロウィン」の続編だね。その40年前のヒロインのローリーが、娘、孫と3代そろって、ブギーマンことマイケル・マイヤーズと対決するよ。主人公のローリーは、40年前にも演じたジェイミー・リー・カーティス
アメリカだと去年の10月中旬に公開だけど、日本だと4月12日公開。春の暖かい陽気でハロウィン感は一切無いよね。まあ、いいけど。
映画『ハロウィン』本予告編 - YouTube

f:id:rx78jenjen:20190415224804j:plain


春の朝の青空の下のゴジラアベンジャーズ

f:id:rx78jenjen:20190415224906j:plain



4月9日(火)

夕刊フジ」で毎週火曜発売号に連載中の「ラブホ戦記」は、2009年4月8日(当時は水曜掲載)連載開始だったので、連載10周年だよ。おめでとう、オレ。

今日発売号が本紙掲載496回なので、特に何も問題が起こらなければ、来月、令和元年の最初の「ラブホ戦記」(5月7日掲載予定)で連載500回を迎えることになるよ。なんかすごいぞ。すごいと言えば、ここ10年で生活も何もかも、ほとんど変わっていないのが、すごいね。なんとかなりたいね、令和時代に。

初回の記事と今日の記事。左が第1回「泣き続けた女子高生」、右が今日の第496回「深夜にツバを吐くデリヘル嬢」(なんというタイトルだ)

f:id:rx78jenjen:20190409204604j:plain

文字数が少し増えて、漫画が少し大きくなっているね。

4月5日(金)

午前、東京駅近くの三菱一号館美術館で「ラファエル前派の軌跡」を観たよ。ターナーラスキン、ロセッティ、ミレイ、バーン=ジョーンズ、モリスなど。

ロセッティの「ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)」など、写真撮影可の作品コーナーがあるよ。6月9日まで。

本展の見どころ|ラファエル前派の軌跡展|三菱一号館美術館(東京・丸の内)

こちらは館内にある記念撮影のコーナー。魔性のヴィーナスと一緒に撮れるぞ。

f:id:rx78jenjen:20190405191424j:plain

ポスター。エドワード・バーン=ジョーンズ「赦しの樹」の一部。

f:id:rx78jenjen:20190405191523j:plain


写真撮影可のコーナーには、ロセッティ「ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)」があるよ。

f:id:rx78jenjen:20190405192159j:plain


三菱一号館美術館は、オレの好きな建物で、1894年にできたよ。デザインはジョサイア・コンドルだよ。開国して間もない日本に来て、河鍋暁斎の弟子になったイギリス人建築家だよ。

f:id:rx78jenjen:20190405192344j:plain





4月4日(木)

午前、原宿駅へ。太田記念美術館で今日から始まった「没後170年記念:北斎/富士への道」展を観たよ。美術館の客の8割方が外国人だったよ。北斎、人気あるな〜。

葛飾北斎が「富嶽三十六景」を描いたのが70歳過ぎ。有名な「神奈川沖浪裏」や今回の展示会のポスターの「凱風快晴」を描いたのが、だいたい72歳だから、すごいね。そして、元気だね。

富嶽三十六景」や、それまでに描いてきた富士山と、その後の富士山など、北斎の富士山だらけだよ。やあ、めでたいね。後期展示も行くぞ。
(前期展示:4/4〜4/29 後期展示:5/3~5/26 前後期で全点展示替え)

没後170年記念 北斎 ―富士への道 | 太田記念美術館

f:id:rx78jenjen:20190404214953j:plain


晴れていて、天気が良かったので、太田記念美術館の近くにある明治神宮にも行ってきたよ。こちらも参拝客の半分以上が外国人だったような気がする。印象だけど。

f:id:rx78jenjen:20190404215057j:plain

ついでと言ってはなんだが、清正井にも行ってみた。去年は閑散としていて、オレが1人で井戸の前でボンヤリとたたずんでいたのだが、結構、来ている人がいた。井戸目的というより、神宮御苑を散策する人たちが立ち寄る感じだった。春先で花が咲きはじめているからね…。こちらも外国人観光客が多かったので、パワースポットというより観光スポットといった感じだね。加藤清正といわれてもピンと来ないだろうし。

f:id:rx78jenjen:20190404215725j:plain

晴れていたから、太陽光が奥まで届いているね。どうすっか? パワースポットな感じっすか?