一生余生/じぇんじぇん日記

私の個人的な日記です。友人・知人に無事に生きていることをお知らせする目的もありますが、基本的に自分が後で読むために書いています。そのため、たとえ親しい人でも、読んでも意味はないと思います。

5月18日(金)

賃貸住宅の情報雑に「CHINTAI」という
昔からある雑誌があって、そちらの取材を受ける。
オレの部屋に編集さん2人、ライターさん1人、
カメラマンさん1人の4人がやってきて、
部屋がにぎやかになったことだよ。

7月号(来月6月24日発売号)に載るらしいので、
6月24日を楽しみにしましょう。

夜、昨日、フレッシュネスバーガー
ホットドッグを食べたのだが、
今日はクラシックチーズバーガーを食べる。
あと、オニオンリングも。

f:id:rx78jenjen:20180518230652j:plain




広告を非表示にする

5月17日(木)

午前、中野のブックファーストに行って、
本を買って、
ゴハンフレッシュネスバーガー
ホットドッグを食べる。

夜、図書館とホームセンターに行く。

帰り道、図書館の近くの暗い公園で
男性2人組が横に並んで立って、
大きめな声でしゃべっているので、
変な感じがして「なんだろう?」と思ったら、
芸人さんが漫才の練習をしているのだった。

広告を非表示にする

5月16日(水)

午後、渋谷区立 松濤美術館
「チャペック兄弟と子どもの世界」展に行った。
(5月27日まで)
チャペック兄弟と子どもの世界/松濤美術館f:id:rx78jenjen:20180516183834j:plain

チャペック兄弟は、たぶん弟のカレルのほうが有名で、
世界的になった造語「ロボット」の戯曲「R.U.R.」や
山椒魚戦争」「園芸家12カ月」などを書いた。
SFの歴史には必ず出てくる。

兄のヨゼフの本業は画家だが、作家でもある。
ヨゼフ・チャペックの本も、日本語訳で出ている。
児童書「こいぬとこねこのおかしな話」や
「ヨゼフ・チャペック エッセイ集」など。

そんなチャペック兄弟による絵やイラスト、写真、
いろいろな本、などの展示だ。

展示は、画家である兄のヨゼフの絵がたくさんあって、
良かったです!
ポスターの絵は、ヨゼフ・チャペックの「花を持つ少女」

記念撮影のコーナーで、
下の絵の女の子と一緒に撮れる大きなパネルは、
バレエ「おもちゃ箱」の
ヨゼフ・チャペックによる
舞台デザインと衣装デザインである。(1925年)

f:id:rx78jenjen:20180516184116j:plain
午後に行ったら、なんか日差しが強かった。暑いね。

f:id:rx78jenjen:20180516184249j:plain






広告を非表示にする

5月15日(火)

今日(5月15日火曜発売号)の
夕刊フジ」の「ラブホ戦記」で、
本誌連載がちょうど450回になる。

担当記者さんがかわって、5代目になって、
連載は9年目になった。
ありがとうございます。これからもよろしくね!

450回目は、客室から女性客が消えた
怪現象(?)の話の前編だよ。
室内には、服、下着、財布、スマホ、バッグ、靴など
全ての持ち物は残っているけど、女性だけがいない…。
何が起きたかがわかる後編は、
来週の火曜(22日)発売号に掲載予定だ。
まだ、原稿は書いていないけど…。

f:id:rx78jenjen:20180516182413j:plain

セブンイレブンに行ったら、
今日から新発売という「メロンパンもこ」があったので、
ついつい買ってしまう。
シュークリームの皮がメロンパンふうの皮で
なかにメロン風味のクリームって、買うよね?

f:id:rx78jenjen:20180516182709j:plain

www.sej.co.jp

広告を非表示にする

5月14日(月)

午後、TOHOシネマズ新宿で
映画「モリーズ・ゲーム」を観る。
面白かった〜。

主人公のモリー・ブルームは、実在の人物。
若くして、セレブ専用のポーカールームの
経営者となったが、最終的にFBIに逮捕された…。
そんな彼女の自伝が原作。

www.youtube.com

広告を非表示にする

5月12日(土)

夜、阿佐ヶ谷「よるのひるね」で、
紙芝居イベント「お蔵出し 紙芝居ライブ!! 」
(出演:河井克夫さん、堀 道広さん、田中六大さん、三本義治さん) を観た。
漫画家さんたちによる面白い紙芝居とトーク
とても楽しかった〜!

f:id:rx78jenjen:20180512232007j:plain
よるのひるね[夜の午睡] | 阿佐ヶ谷の喫茶店・バー
「紙-1グランプリ  kami1gp


イベントのあと、店内で打ち上げっぽいことをしていたので、
オレもぼんやりと残っていたのだが、
参加した漫画家さんたちが、自分の昔の紙芝居を忘れていたり、
捨てたり、紛失してしまっているのも、なんか面白かった。 

 

 

広告を非表示にする

5月10日(木)

朝、雨が降る。
正午近くに雷がなる。
昼過ぎから晴れるとかいう話ではなかったっけ?
とりあえず、雨がやんだので、外出。

午後、新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で
展覧会「ターナー/風景の詩」を観る。
ターナー /損保ジャパン日本興亜美術館
ターナーの水彩、油彩、版画などなど。
良かったよ〜。(7月1日まで)

f:id:rx78jenjen:20180511014728j:plain

記念撮影のコーナーがあって、ターナー
「コールトン・ヒルから見たエディンバラ」を拡大した
垂れ幕っぽい感じのものの前で写真が撮れるよ。
昔のエディンバラスコットランド)で記念写真だ。

f:id:rx78jenjen:20180511014839j:plain

帰りに新宿の地下道のブックファーストに入って、
本を買う。



広告を非表示にする