一生余生/じぇんじぇん日記

私の個人的な日記です。友人・知人に無事に生きていることをお知らせする目的もありますが、基本的に自分が後で読むために書いています。そのため、たとえ親しい人でも、読んでも意味はないと思います。

美術館

6月7日(木)

午前、日本橋の三井記念美術館へ。特別展「大名茶人 松平不昧」を観る。「三井記念美術館」 松平不昧は、第7代松江藩主で大名茶人として有名。今年で没後200年ということで、松平不昧が集めた名品の展示である。(6月17日まで) YouTubeで松平不昧について…

6月6日(水)

梅雨入り。1日中、雨。午後、原宿の太田記念美術館で特別展「江戸の悪 PART2」を観る。「江戸の悪 PART II | 太田記念美術館」 2015年の「江戸の悪」展にも行ったが、今回は展示点数が増えている。血まみれの浮世絵がいっぱいだ。 (前後期で全点展示替え…

5月22日(火)

午前、東京駅 丸の内北口の東京ステーションギャラリーで「夢二繚乱」展を観る。「東京ステーションギャラリー 」 竹久夢二の展示会で、展示の第4章では、竹久夢二の自伝小説『出帆』の挿絵原画全134点が、年表とともに公開されているんだけど、離別やら人…

5月16日(水)

午後、渋谷区立 松濤美術館の「チャペック兄弟と子どもの世界」展に行った。(5月27日まで)「チャペック兄弟と子どもの世界/松濤美術館」 チャペック兄弟は、たぶん弟のカレルのほうが有名で、世界的になった造語「ロボット」の戯曲「R.U.R.」や「山椒魚戦…

5月10日(木)

朝、雨が降る。正午近くに雷がなる。昼過ぎから晴れるとかいう話ではなかったっけ?とりあえず、雨がやんだので、外出。午後、新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で展覧会「ターナー/風景の詩」を観る。「ターナー /損保ジャパン日本興亜美術館」ターナーの…

5月6日(日)

正午過ぎ。渋谷のアツコバルーでR18の展覧会「都築響一 presents 渋谷残酷劇場」を観たよ。「都築響一 presents 渋谷残酷劇場 」 都築響一さんが取材してきた各地の地獄巡りやヨーロッパの拷問とかでえらいことになっている蝋人形などの写真展示だよ。写真撮…

4月26日(木)

午前、上野の東京都美術館で「プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」を観る。ちょっと混んでいたけど、とても良かったよ。(7月8日まで)「【公式】プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」 展示会の最後に、ルソーの絵「馬を襲うジャガー」の記念…

4月6日(金)

午後、原宿の太田記念美術館で企画展「広重 名所江戸百景」を観る。外国人のお客さんもいっぱいいて、なかなかにぎわっていたよ。 広重 名所江戸百景 | 太田記念美術館 「名所江戸百景」は、歌川広重の晩年の作品で、名作がいっぱい。良かったよ〜。学芸員さ…

4月2日(月)

午後、六本木、東京ミッドタウンのサントリー美術館に行って「寛永の雅」展を観る。17世紀の寛永文化が花開くなかで活躍した人たち。小堀遠州、野々村仁清、狩野探幽など。良かったよ〜。4月8日まで。 夜、高円寺みじんこ洞に行く。4月15日で閉店するわけで…

3月27日(火)

午前、上野に行く。上野駅構内がけっこうな混雑だった。花見だか春休みだかであろう。国立西洋美術館で「プラド美術館展/ベラスケスと絵画の栄光」を見る。良かった〜。ちょっと混雑していたかな。(5月27日まで)「国立西洋美術館」 それから、いつもの常…

3月9日(金)

原宿の太田記念美術館の企画展「江戸の女装と男装」に行く。 太田記念美術館/企画展「江戸の女装と男装」 吉原の男装の祭の俄(にわか)、山王祭や神田祭の附祭、やつし絵や見立絵など、いろいろ楽しそうな浮世絵がある。(3月25日まで) また、平成30年度…

2月23日(金)

もうずっと引っ越しのことばかり考えているが、さすがに気分を変えたい。午前、新宿ピカデリーでストップモーションアニメ映画「ぼくの名前はズッキーニ」を観る。 www.youtube.com 新宿ピカデリーのショップのそばに原寸大人形のズッキーニ君がいた。この大…

1月25日(木)

午前、上野の東京都美術館で「ブリューゲル展/画家一族150年の系譜」を観たよ。ピーテル・ブリューゲル1世、ピーテル2世(長男)、ヤン・ブリューゲル1世(次男)、ヤン2世(孫)などブリューゲルだらけの絵画展。とても良かったです。(4月1日まで/1月23日…

1月12日(金)

午前、東西線で竹橋駅へ行く。東京国立近代美術館の企画展「熊谷守一/生きるよろこび」を観る。とっても良かったです!(3月21日まで)「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」

1月8日(月)

午後、原宿の太田記念美術館で「明治維新150年/幕末・明治ー激動する浮世絵」展を観る。「太田記念美術館 Ota Memorial Museum of Art」 今年は明治維新から、ちょうど150年らしい。そんなわけで、幕末から明治へとかわりゆく時代のなか河鍋暁斎、月岡芳年…

2017年に行った映画、美術館、博物館など。

2017年/映画館で観た映画。1月「エルストリー1976」「ドント・ブリーズ」「アイ・イン・ザ・スカイ」「ドクター・ストレンジ 」「沈黙-サイレンス-」2月「ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男」「ラ・ラ・ランド」3月「哭声/コクソン」「キングコ…

12月28日(木)

午後、駒込に行く。東洋文庫ミュージアムの企画展「モリソン文庫渡来100周年/東方見聞録展~モリソン文庫の至宝」を観る。(2018年1月8日まで)「 東洋文庫ミュージアム」三菱財閥第3代総帥、岩崎久彌がジョージ・アーネスト・モリソンのコレクション、い…

12月12日(火)

午前、原宿の太田記念美術館の特別展「菊川英山」の後期展示に行く。没後150年記念ということで、菊川英山の美人画がいっぱいある。前期とは全作品の展示替えがあって、畳の間の肉筆の美人画の掛け軸も変わっていた。良かった。(後期展示:12月1日〜12月20…

11月21日(火)

午後、東京ステーションギャラリーで「シャガール 三次元の世界」を観る。 東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY - 絵画だけでなく、シャガールによる陶芸や彫刻などの立体作品がたくさんあって、面白かった。立体作品にもおなじみのロバさん…

11月15日(水)

午後、原宿の太田記念美術館で特別展「菊川英山」展を観る。菊川英山は、美人画で有名な浮世絵師。美人画がいっぱいで、前後期で合わせて200点余の展示がある。美術館に入ってすぐの畳の間には、肉筆の美人画もあって、良かった。太田記念美術館には、畳の間…

11月2日(木)

午後、上野の東京都美術館の「ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢」に行く。ゴッホの絵と一緒に浮世絵も展示してある。とても良かった〜。(1月8日まで)「ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢」 10月24日に行った上野の国立西洋美術館の「北斎とジャポニスム」展と合わせて…

10月24日(火)

午前、上野に行く。国立西洋美術館で「北斎とジャポニスム」展を観る。なかなか混雑していた。北斎は人気があるね。 葛飾北斎の北斎漫画や浮世絵と並んで、モネ、ドガ、セザンヌの絵があったり、北斎の絵の使った陶磁器があったりして、面白かった。とっても…

10月12日(木)

午前、恵比寿駅へ。山種美術館の企画展「上村松園/美人画の精華」を観る。上村松園の作品18点の他にも、浮世絵の美人画もあった。鈴木春信の「梅の枝折り」とか。客のほとんどが年配の女性で、なかなか混雑していた。(10月22日まで) 日本画の専門美術館 …

10月11日(水)

午前、上野に行って、上野の森美術館の「怖い絵」展を観る。「「怖い絵」展 /作品/ 上野の森美術館」怖いというより、面白かった。というか、第4章「現実」に描かれた貧困が他人事でなくて怖い。平日なのに、なかなか混雑していたし、若い人たちも多かった…

10月6日(金)

午前、原宿の太田記念美術館に行って「葛飾北斎/冨嶽三十六景 奇想のカラクリ」展を観る。「冨嶽三十六景」全46点を一挙公開。(10月29日まで)36景なのに全46点というのは、「すっごく売れたから、あとから10枚を足した」そうだ。「葛飾北斎 冨嶽三十六景 …

9月27日(水)

午前、千葉駅に行く。総武線で中野駅から1時間。なかなか遠いぜ。千葉市美術館の「ボストン美術館浮世絵名品展〜鈴木春信」を観る。鈴木春信の浮世絵がいっぱいあった。とっても良かった!(10月23日まで)「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信|千葉市美…

9月20日(水)

午前、六本木の東京ミッドタウンに行く。サントリー美術館で「天下を治めた絵師 狩野元信」展を観る。「天下を治めた絵師 狩野元信/サントリー美術館 」狩野元信は室町時代の絵師で、狩野派二代目。混雑していなかったから、ゆっくりと観られて、良かったよ…

9月6日(水)

午前、原宿の太田記念美術館に行って、特別展「月岡芳年 月百姿」を観る。 「月岡芳年 月百姿 / 太田記念美術館 」最晩年の月岡芳年が「月」をテーマに描いた浮世絵100点を展示している。とってもよかった。(9月24日まで)

9月5日(火曜)

午前、中央線で神田駅に行って、山手線に乗り換えようとしたら、停電で山手線が止まっていた。がらがらの山手線の電車内で座って文庫本を読んで待っていたら、動き出した。文庫本がずいぶんと読めた。そんなこともありながら、午前、上野の東京都美術館に行…

8月17日(木)

朝、ようやく雨がやむ。午前、千駄木駅へ。谷中のお寺「全生庵」に行って、「幽霊画展」を観る。94年ぶりに見つかった鏑木清方の幻の幽霊画「茶を献ずるお菊さん」を展示中。ガラスケース展示ではなく、掛け軸がそのままなので、伊藤晴雨の幽霊画などが「マ…