一生余生/じぇんじぇん日記

私の個人的な日記です。友人・知人に無事に生きていることをお知らせする目的もありますが、基本的に自分が後で読むために書いています。そのため、たとえ親しい人でも、読んでも意味はないと思います。

浮世絵

1月8日(月)

午後、原宿の太田記念美術館で「明治維新150年/幕末・明治ー激動する浮世絵」展を観る。「太田記念美術館 Ota Memorial Museum of Art」 今年は明治維新から、ちょうど150年らしい。そんなわけで、幕末から明治へとかわりゆく時代のなか河鍋暁斎、月岡芳年…

1月7日(日)

単行本「おもちゃ絵芳藤」(谷津矢車 著/文藝春秋 刊)を読む。 歌川国芳の弟子で、主な仕事はおもちゃ絵という浮世絵師の歌川芳藤を主人公にした小説。 河鍋暁斎、月岡芳年、落合芳幾、小林清親が周辺にいるから、絵師としての切ない感じが、もうね…。 「…

2017年に行った映画、美術館、博物館など。

2017年/映画館で観た映画。1月「エルストリー1976」「ドント・ブリーズ」「アイ・イン・ザ・スカイ」「ドクター・ストレンジ 」「沈黙-サイレンス-」2月「ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男」「ラ・ラ・ランド」3月「哭声/コクソン」「キングコ…

12月12日(火)

午前、原宿の太田記念美術館の特別展「菊川英山」の後期展示に行く。没後150年記念ということで、菊川英山の美人画がいっぱいある。前期とは全作品の展示替えがあって、畳の間の肉筆の美人画の掛け軸も変わっていた。良かった。(後期展示:12月1日〜12月20…

11月15日(水)

午後、原宿の太田記念美術館で特別展「菊川英山」展を観る。菊川英山は、美人画で有名な浮世絵師。美人画がいっぱいで、前後期で合わせて200点余の展示がある。美術館に入ってすぐの畳の間には、肉筆の美人画もあって、良かった。太田記念美術館には、畳の間…

11月2日(木)

午後、上野の東京都美術館の「ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢」に行く。ゴッホの絵と一緒に浮世絵も展示してある。とても良かった〜。(1月8日まで)「ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢」 10月24日に行った上野の国立西洋美術館の「北斎とジャポニスム」展と合わせて…

10月24日(火)

午前、上野に行く。国立西洋美術館で「北斎とジャポニスム」展を観る。なかなか混雑していた。北斎は人気があるね。 葛飾北斎の北斎漫画や浮世絵と並んで、モネ、ドガ、セザンヌの絵があったり、北斎の絵の使った陶磁器があったりして、面白かった。とっても…

10月6日(金)

午前、原宿の太田記念美術館に行って「葛飾北斎/冨嶽三十六景 奇想のカラクリ」展を観る。「冨嶽三十六景」全46点を一挙公開。(10月29日まで)36景なのに全46点というのは、「すっごく売れたから、あとから10枚を足した」そうだ。「葛飾北斎 冨嶽三十六景 …

9月27日(水)

午前、千葉駅に行く。総武線で中野駅から1時間。なかなか遠いぜ。千葉市美術館の「ボストン美術館浮世絵名品展〜鈴木春信」を観る。鈴木春信の浮世絵がいっぱいあった。とっても良かった!(10月23日まで)「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信|千葉市美…

9月6日(水)

午前、原宿の太田記念美術館に行って、特別展「月岡芳年 月百姿」を観る。 「月岡芳年 月百姿 / 太田記念美術館 」最晩年の月岡芳年が「月」をテーマに描いた浮世絵100点を展示している。とってもよかった。(9月24日まで)

8月1日(火)

太平洋で台風5号が迷走していて、天候不順が続く。天気が不安定で大雨が降ったりもする。午前、原宿の太田記念美術館の特別展「月岡芳年 妖怪百物語」に行く。良かった。(8月27日まで) 上のちらしの絵は「新形三十六怪撰/源頼光土蜘蛛ヲ切ル図」で、展示…

7月12日(水)

今日も暑い。そして、エアコンは壊れたままだ。午後、原宿へ。太田記念美術館の企画展「大江戸クルージング」を観る。運搬や交通手段としての川や水路のようすを描いた浮世絵や、船遊びなどのレジャーの浮世絵がいっぱい。(7月23日まで)「大江戸クルージン…

6月13日(火)

雨。最高気温21度。なんか寒くね?昨日は半袖にハーフパンツだったのに、今日は長袖じゃないと寒い。午後、原宿の太田記念美術館に行く。「馬琴と国芳・国貞/八犬伝と弓張月」展を観る。今年2017年は「南総里見八犬伝」の作者、曲亭馬琴の生誕250周年だそう…

5月9日(火)

午前、原宿に行く。太田記念美術館の企画展「浮世絵動物園」の後期展示を観る。浮世絵に描かれたフレンズがいっぱいだね。たのし〜。(5月28日まで) そのあと、すぐ近くの明治神宮に行く。参道を歩いていると、テレビの撮影をしている人たちとすれ違ったの…

4月18日(火)

晴れ。最高気温が26度だかで、暑い。午前、原宿の太田記念美術館の企画展「浮世絵動物園」を観る。浮世絵に描かれた動物たちが楽しかった。観ている人たちの半分以上は外国人だった。(前期展示:4月26日まで。後期展示:5月2日〜5月28日)前後期で全展示が…

3月16日(木)

午後、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムに行く。河鍋暁斎の展覧会「これぞ暁斎!」を観る。平日なのに、結構な人が来ていた。とっても良かった!(4月16日まで) 「これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 」 面白そうなので買った「百鬼夜行図屏風」ポストカー…

3月8日(水)

今年の花粉症はこれまで楽だったのだが、今日は、目がかゆい。鼻水も出るようになった。午後、原宿の太田記念美術館の企画展「江戸の絶景〜雪月花」後期展示(3月26日まで)を観る。歌川広重がメインの展示。いろいろ良かった。 江戸の絶景~雪月花 | 太田記…

2月8日(水)

午後、原宿の太田記念美術館に行く。浮世絵の企画展「江戸の絶景〜雪月花」を観る。江戸の人たちも絶景が大好きだったみたい。とても良かったです。 江戸の絶景~雪月花 | 太田記念美術館 (前後期で展示替え/前期:2月3日〜2月26日 後期:3月3日〜3月26日)…

1月24日(火)

今日も咳が止まらない。咳だけなので、なんとかならないだろうか。先週は仕事やら体調不良(今でもだが)やらで、ウチから歩いて10分のココス中野店には行けなかった。オレの好きなアニメ「ガールズ&パンツァー」のクリアファイルがもらえるのだが、さすが…

1月5日(木)

午後、原宿の太田記念美術館に行く。今日から始まる「お笑い江戸名所〜歌川広景の全貌」展を見る。謎の絵師、歌川広景(うたがわ・ひろかげ)の楽しい浮世絵が展示されている。面白かった。江戸名所の画なんだけど、登場人物が落っこちたり、転んだり、犬に…

2016年&2015年。映画館。美術館。博物館など。

2016年/映画館で観た映画。1月「ガールズ&パンツァー 劇場版」「ブリッジ・オブ・スパイ」「クリムゾン・ピーク」「モンスターズ 新種襲来」「白鯨との闘い」「エージェント・ウルトラ」「ガールズ&パンツァー 劇場版」(立川/爆音上映)2月「ブラック・…

12月14日(水)

午前、雨がやんだので、東小金井駅へ。この駅は初めて降りた。東京農工大学科学博物館で特別展「蚕織錦絵・生糸商標コレクション展」があって、「浮世絵の展示もあるよ〜」と美術関係の友人が教えてくれたので、行ってみた。えらいもので、無料で見られる。 …

10月12日(水)

朝は冷え込んだが、今日は晴れていて、気持ちがいい。午前、駒込に行く。東洋文庫ミュージアムの企画展「本のなかの江戸美術展」を見る。「浦島太郎物語」や「菅家物語」など、いろいろと面白い。知らなかったが、18禁コーナーもあって、春画が何枚か展示し…

10月7日(金)

疲れているので、朝遅くまで寝ている。午後、原宿の太田記念美術館に行く。9月の前期展示に続いて、後期展示の「国芳ヒーローズ~水滸伝豪傑勢揃」を観る。歌川国芳の出世作「通俗水滸伝」シリーズの特別展。ポスターの張順は後期展示中。(10月30日まで)国…

9月8日(木)

台風の影響で天候不順。晴れていたかと思ったら、激しい雨が降ったりもする。午後、原宿の太田記念美術館に行く。歌川国芳の特別展「国芳ヒーローズ/水滸伝豪傑勢揃」を見る。水滸伝だらけだった。前後期で展示が入れ替わるから、両方行くと良いと思う。オ…

8月18日(木)

午前、両国の江戸東京博物館に行く。初日に行った特別展「大妖怪展」の展示が後期に入れ変わったので、それらを見る。(8月28日まで)5Fの常設展内にある企画展が「伊藤晴雨 幽霊画展」と「山岡鉄舟と江戸無血開城」の2つあり、それらも良かった。(企画…

8月2日(火)

午前、原宿の太田記念美術館に行く。今日が初日の企画展「怖い浮世絵」を見る。幽霊、化け物、血みどろ絵など、たくさんあって、面白かった。(8月28日まで) 怖い浮世絵 | 太田記念美術館 夜、映画「シン・ゴジラ」の2回目を観ようと思い立ち、せっかくな…

7月13日(水)

曇りときどき雨。午前、新宿ピカデリーでホラー映画「死霊館:エンフィールド事件」を観る。「死霊館」の続編である。シスターの姿のアレ、怖いんですけど…。 映画 『死霊館 エンフィールド事件』本予告 午後、原宿の太田記念美術館で「北斎漫画〜森羅万象の…

7月5日(火)

午前、両国の江戸東京博物館に行く。今日から特別展「大妖怪展」が始まるのだ。毎度おなじみ、鳥山石燕、葛飾北斎、歌川国芳、月岡芳年、河鍋暁斎たちの妖怪画、円朝コレクションの幽霊画などが、まとめて見られて、とても良かった。なかでも高井鴻山の妖怪…

6月14日(火)

午後、原宿に行く。太田記念美術館で企画展「歌川広重~東海道五十三次と冨士三十六景」の後期展示を見る。先月に見た、前期とは展示作品が全て変わっていて、東海道五十三次は27番目の「袋井/出茶屋ノ図」からだ。畳の間の肉筆画も素敵。(6月26日まで)前…